アルバイト採用のときの切り捨て方

イマドキのアルバイトの採用方法

アルバイトの採用活動をおこなうための手段としては、長い間就活情報サイトと同様に、アルバイトの採用情報を専門にまとめたポータルサイトを活用するのが一般的でした。ところが、SNSの普及にともなって、最近では新しいアルバイトの採用スタイルが広がってきています。
日本人の大半が活用しているSNSの関連サービスを見てみると、アルバイトの採用情報を、友だちとのやりとりと同じようにメッセージのかたちで送信してくれるというサービスがあることがわかります。ウェブサイトを閲覧するよりも、アプリを活用してSNSでコミュニケーションをとることが一般化してきているここ数年において、もはやウェブサイトでのアルバイトの採用活動をおこなうのは「古い」と言われ始めているようです。
SNSとアルバイトの採用活動を融合することで、面接担当者とアルバイト希望者とのやりとりはより簡単になり、いちいち電話の折り返しを待ったり、サイト内のメッセージボックスをチェックして予定を確認したりするプロセスはすべて省略できるようになりました。
その手軽さが大学生から人気を集めており、最近では面接のアポイントから、採用後のシフト確認にいたるまで、すべてSNSで済ませている企業も増えていますよ。

アルバイトの採用をするポイント

アルバイトの採用をおこないたいと思ったとき、その採用基準というのは意外に社内での議論のもとになることが多いようです。
アルバイトに求めているものが社内で異なっている場合、それに応じて採用したいアルバイトの人物像も異なってきます。たとえば、上司からの指示通りに雑用を片づけてくれるアルバイトを採用したい場合、自立性があるリーダータイプの人よりも、比較的おとなしく、言われた通りにシンプルな行動をできるアルバイトの採用が望ましいと考えられます。
あるいは、上司からの指示が無くても、業務をスムーズに運ぶための下準備をきちんとしてくれるアルバイトの採用をおこないたい場合には、上司の指示がなくても自分からチャレンジをできるような、活発な人材を採用したいと考えるはずですよね。
だとすると、アルバイトに責任を持たせたくないと考える人と、アルバイトに指示をする時間をとられたくないと考える人がいる部署においては、採用したいアルバイトの人物像が大きく異なってしまいます。そのため、面接にきたアルバイト希望者のうち、誰を採用したいのかという議論が平行線になってしまうことも多いのだそうです。
アルバイトを採用するときには、事前に求める人物像を社内でまとめておきましょう。